『家を買いたくなったら(新版)』を読みました


家を買いたくなったらレビュー

以前の記事で紹介した本。
『家を買いたくなったら(新版)』を読みました。
【過去記事】住宅ローンの入門本みたいなのを買ってみた

過去記事では、住宅ローンの入門本として書きましたが、ちょっと違いますね。
住宅ローンではなく、『家を買うこと』の入門本でした。


いや、タイトル見ればわかるんですが、amazonで『住宅ローン』で検索して2番目に出てきたので勘違いしちゃいました。


で気になる内容をちょっとレビューしてみたいと思います!
素人なりに!!

<スポンサードリンク>

まずこの本では『持家VS賃貸』については、若干持家がいいよ~というスタンスを感じましたが、『無理をして』家を買うことを勧めている本ではありません。
家は幸せのゴールではなく、幸せになるための道具の一つにすぎないということが何度も書かれています。


◎家は「道具」すぎない。ただめっちゃ高い。


大きかろうと小さかろうと、高かろうと安かろうと、新しかろうか古かろうと、それはみなさんの人生にとって大きな問題ではありません。
人生の「道具」にしか過ぎない「家」そのものがどのようなものかは、本質的には、さほど重要ではないはずです。
みなさんが使う「道具」よりも、みなさんがその「道具」を使って作ろうとしている「作品」が重要なのです。

この考えにはすご~く共感できました。
だからこそ、不動産業者さんの「早く早く」「今が買い時」というような甘い声に誘われて即決して家を買っちゃうようなことはしたくない。


逆にそうやって早く買わせようとする不動産屋さん、または担当者は本書の中でも『避けるべき不動産業者』の一例として挙げられていました。

◎家を探し始める前に『理想の家』のイメージを明確にしておく

不動産屋さんに行く前に、マンション展示場に行く前に、まずは自分たちのライフスタイルに合う理想の家のイメージをしっかり明確にしておくことが最初のステップ。


本書の中では自分たちの素みたい理想の家をイメージするためのブレインストーミングの簡単な方法も書かれていたので、これはとっても参考になるんじゃないかなぁ。


個人的にはこの『理想の家』のイメージはかなり明確になっているので、今は不要ですが、1年前不動産屋さんに行って、なんだか早く家を買わないと損するような気分にさせられた時に読みたかった・・・と思いました。


結局その時即決で建売やマンションを買ったりしなかったのでよかったのですが、あの時勢いで買ってたら・・・・と思うと寒気がします^-^;。


◎不動産業者との付き合い方がすごく参考になった!

不動産業者との付き合い方基本の4原則
その3業者さんの車に乗らない

実際に不動産を見に行く場合は、必ず自分の足で歩くが、自分の車で見に行くようにしましょう。
~以下省略~
また、案内の車は、最寄駅からの最短ルートではなく、一番見栄えのする道を通るのが普通です。

そうなんですよねっ!不動産業者さんってやたらと一緒に現地行きたがるんですよねっ!


私としては住所教えてくれれば自分で見に行きたいし、気に入ったら後から一緒に行くほうがありがたいので、とりあえずすぐ行きましょうっていって何件も何件も見せて回るんですよねっ!


これはあとから知ったのですが、不動産業界的に同じ物件でも先に車で案内した業者さんが優先的に販売するという暗黙のルールが不動産業界にはあるらしいですよ。
これを知ってから私は不動産屋さんの車には乗らなくなりました。

◎家を買う入門本としてもっと早くに出会っていたかった!

このほかにも不動産情報の集め方や、住宅ローンの話、種類別家の買い方の極意や家に関わる税金の話、値引き交渉の方法やタイミングなど、種類は問わず『家』を買う時に知っておかなければいけない知識が網羅されていました!


私の場合は、一戸建て注文住宅と決めていますが、新築・中古マンション、中古戸建、コーポラティブハウスなどなど、いろんなパターンの話が乗っているので、『家を買う』入門書としてはほんとに最適な一冊でした!


数年早く出会っていれば、もっと選択肢も広がっていたんじゃないだろうか・・・と思うくらい充実した内容。


周りに家を買おうと思い始めた人がいたら、間違いなく勧める一冊です。


新版 家を買いたくなったら

うちの猫の後頭部です^-^。
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へにほんブログ村 住まいブログへ

参考にした本・雑誌

<スポンサードリンク>

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

QLOOKアクセス解析