お家の猫仕様の一部ができてきました


nekosiyou2014111
我が家は人間よりも猫の方が数が多いため、猫たちのための仕様がちょこちょこあります。
全てではないのですが、お家の猫仕様について、実際に出来上がってきた部分がありましたので、喜びとともに記録しておきます^-^。

果たして猫たちが喜ぶのかは入居してみないとわかりませんが、きっと喜んでくれると信じています・・・。

<スポンサードリンク>


まずは、トップの写真。
明らかに人は通れないサイズの小窓が、階段の上の壁に開いています。
これは猫が顔を出して下を覗くためだけに開けたもの。
猫好きではない人からしたらほんとに無駄としか思えない穴です^-^。


ほんとは階段の壁にステップを付けて、階段の途中からこの穴へと飛び込めるようにしたかったのですが、階段の幅が狭くて、ステップを付けると建築基準法的にいかんということで、とりあえず穴だけ開けております。


この穴の向こうは収納の下部分になっていて、猫たちのベッドスペースになる予定。
階段を下りる時に猫の姿(できれば顔が!)が少しでも見れると幸せな気分になれそうです。

この穴の上部分の壁に何かプレートをはめたいともくろんでいるのですが、いいプレートがないので保留です。「watch up!」とか「I’m here」とか「Path」とかないかな~。


そして、梁は基本的に猫の歩くためのものなのですが、ベランダ側の梁の上には透明な板を貼って、下から猫の転がるお腹を見れるようにしてあります。
nekosiyou2014112 写真の白いところに透明の板をはめ込んでもらいます^-^。


ちょうど窓も二つあるので、猫たちが外の景色も見れるように設定。
ただ、お掃除は大変そうなので、脚立が必須ですねTT。
あいつらはどこでも吐きますから・・、毛も舞いますから・・・。


ちなみに、透明の板を貼って猫を下から見るというイメージがわかりにくいと思いますので、なんだそれ?と思われた方はこちらを見ていただけるとわかるかと・・・・
>>猫を透明の板の下から見る

猫好きにとってはまさに夢のビューポイントですし、猫にとってもきっとお気に入りの場所になってくれる・・・はずです。
ギリギリ5匹全員が乗れる大きさのはずですが、もしかしたら溢れた子が落ちてくる可能性もあるためちょっとドキドキスペースでもあります。


その他無駄に壁にステップがついていたり、収納の扉が全部下部分が開いていたりと、猫がいないお家にとってはすごく無駄な部分が多いのですが、やはり猫たちが満足してくれてこそのお家ですので、頑張って考えました!


猫仕様もどんどんできて、毎回行くたびに様子が変わっているので楽しいですね^-^。
まだまだ決まっていない部分もあるのでほんとはブログなんか書かずに決めないといけないのですが、猫仕様がうれしかったのでついつい書いてしまいました!

うちの猫の後頭部です^-^。
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へにほんブログ村 住まいブログへ

お家の猫仕様

<スポンサードリンク>

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

QLOOKアクセス解析