リビングイン階段のメリット・デメリットについて考える


リビングイン階段

家づくりの中でパパが絶対に絶対に絶対にこれにしたい、と言っているのが『リビングイン階段』。
リビングの中を通って吹き抜けへ入っていくイメージの階段。

あまり自己主張しないパパがなぜかこれはず~~~っと言ってます^-^。

<スポンサードリンク>

もちろん私も子供の様子がわかるし、小さい家の一体感が出てとても良いんじゃあないかと思っているんですが、リビングイン階段のメリット・デメリットって良く考えたことなかったな~とちょっと調べてみた。


そこで出てきたリビングイン階段のメリット・デメリットをまとめてみました。
今のところネット上の情報だけでまとめているので偏りや間違いがあるかもしれませんが、お許しを。

【リビングイン階段のメリット】
・子供とのコミュニケーションがとりやすい
・手すりをしっかりつけておかないと危ない
・廊下スペースが少なくてもよい


【リビングイン階段のデメリット】
・1階と2階が直接つながっているので冷暖房効率が悪い
・匂いや・音が筒抜けになる
・来客時に階段を使いづらい
・階段下を筒抜けにするとスカートの時上り下りが気になる


何かね、今のところデメリットのほうが大きそうです^-^。

特に冷暖房効率はかなり悪くなるみたい。
うちは暖房は蓄熱暖房を採用する予定なので、問題ないと思うのですが、心配なのは冷房だ。

ここらへん、ちゃ~んと調べてからリビングイン階段について検討して行かなきゃいけないですねぇ。

【追記】うちの場合はリビングイン階段じゃなくても吹き抜けは絶対作るので、結局冷暖房効率は悪いのか・・・とちょっと気づきました^-^;。

うちの猫の後頭部です^-^。
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へにほんブログ村 住まいブログへ

お家日記

<スポンサードリンク>

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

QLOOKアクセス解析