猫が爪を研ぎにくい壁紙を研究中


nekokabegami3


我が家には壁紙にとっては凶悪な猫が5匹おります。
猫のルーティンワークでもある爪とぎ・・・これがお家の壁紙選びを一つ間違うと、大変悲しい結果を引き起こす恐ろしい習慣ですので、お家の壁紙選びには非常に慎重になっています!

基本的には塗り壁なのですが、寝室・子供部屋・書斎の一部などなど、壁紙を使う個所も多々ありますので、今回事前に実験をすべく猫が爪を研ぎにくい壁紙を研究中です。

<スポンサードリンク>



先日里村工務店さんで選んだ、猫が爪を研ぎにくいであろうと予想した壁紙のサンプルが届きました。工務店のスタッフさんもかわいい猫のイラストを添えていただきました・・・がこの送って頂いた壁紙サンプルちゃんたちはこれから過酷な運命にさらされることとなりますT=T。

nekokabegami210
送って頂いたのはこちらの4点の壁紙。
(私が以前壁紙を買った壁紙屋本舗さんのリンクを貼っています)

ペット用で耐久性が高いというサンゲツのスーパー耐久シリーズ!!
RE7735という品番です。
特殊配合(何が特殊なのかは不明・・・)による表面強化でペットの爪のひっかき傷に強くできている壁紙だそうです!!


こちらはリリカラの品番LL-3989、縦のストライプの壁紙で、こちらもスーパー耐久タイプ。
一般ビニル壁紙と比べて約50倍のひっかきに対する強度があるそうです!!


そしてこちらも
シンコールのSLP781という品番。
こちらも縦ストライプのタイプです。
こちらは防カビや抗菌などの機能はありますが、ひっかきに強いなどの耐久性はないタイプです。


そして最後がこれ
リリカラのLL-3971という品番。
これはスーパー耐久でペット向けの壁紙。
ただこれはデザインが実際ちょっとイメージと違ったので耐久性の有無にかかわらず候補からは外しました。(実験には参加してもらいましたが・・・)



猫が爪を研ぎにくい壁紙実験スタート


そして、届いた壁紙ちゃんサンプルを使って猫が爪を研ぎにくい壁紙実験がスタートしました。
実際どうやって実験したかというとこのように、猫の爪とぎに壁紙サンプルたちをはめ込み、凶悪な猫5匹の前に放ちました・・・・。
nekokabegami1


一つ失敗してしまったのが、猫の爪とぎには必ずといってもついてくるマタタビの粉の袋を置いていたら、3歳の娘ちゃんが丁寧に壁紙の上にマタタビの粉をまき散らしてくれました・・・。


これはちょっと・・いやかなり猫の爪とぎ壁紙実験をやる上で障害となった事件ではありますが、しょうがないのでそのまま決行しました。
nekokabegami2
マタタビのおかげで、猫たちも爪とぎ壁紙にわらわらと群がってきます。


アホな子はしばらくマタタビに酔って壁紙の上で激しく転がっていました・・・・。
nekokabegami4

猫が爪を研ぎにくい壁紙実験結果


そして、一晩壁紙を置いていたところ。
可愛そうな壁紙ちゃんたちは凶悪な猫5匹に痛めつけられてかわいそうな姿になっていました・・・。
nekokabegami5 これ明らかに全部負傷しているのですが、実はマタタビを撒いたせいで、爪ではなく思いっきり噛みつかれた傷も多数ありますので、とりあえず爪とぎとして耐久性があるかないかをチェックしていきたいと思います。

まずサンゲツのRE7735。
こちら塗り壁みたいに見えるタイプで、表面がペット対応でスーパー耐久タイプの壁紙。
nekokabegami7 傷を見ると明らかに噛みついた跡が多いのですが、爪とぎ跡と思わるものも左下にチラホラ。
ただ、爪とぎをバリバリしたというよりは、穴を開けてそこから噛み千切ったという方が正しいようなので、なかなか爪とぎ耐久は高そうです!!!
ただ、ぶすっと爪は刺したくなるようなのでちょっと慎重になる必要があります。

次にリリカラの品番LL-3989。
これも耐久性が高いタイプ。

こちらは明らかに爪とぎ跡はありません!!
端っこの傷は、爪とぎ板の隙間に入ったマタタビを舐めようと歯で引張ったことによる傷です。
真ん中部分をガリガリしていたはずですが、爪とぎによる傷は一切ついていませんでした!!!
素晴らしいです!!
nekokabegami8

そしてシンコールのSLP781。
こちらは特に耐久性はなく普通。
触った感じもやや表面が軟らかめだったので、この子は耐えられるまい・・・・と予想していましたが、見事に無残な状態になっていました。
nekokabegami6

ちょっとわかりにくいのですが、上半分は噛み傷とひっかき傷で完全に破れ、中心部もたくさんの猫の爪とぎ傷がついていました・・・。

この壁紙ちゃんには猫5匹の凶悪な爪に耐えれるだけの力はなかったようです・・・。


そして写真がないのですが、リリカラのLL-3971。
これは全くの無傷でした。(無傷だったので写真撮るの忘れてた)
ただデザイン的には好みではないのが残念。


結果やはりペット対応のスーパー耐久は強いのですが、加えて縦ストライプ柄が入って入るとより爪とぎがしにくい様子。
塗り壁タイプのようにのっぺりとしてところどころに凹凸がある壁紙だと、やはり引っかかりが良い部分もあるので、爪を刺したくなるようでした・・・。


やはり爪とぎしにくい壁紙は縦ストライプのものですが、仮に縦ストライプが入っていても、表面が軟らかい(人間が爪を立てたときに少し凹む感触があるもの)は惨敗の様子。
縦ストライプ&表面堅めがべストですね!!


ちなみに、ペット対応ではないのですが、現在の賃貸の我が家に貼った壁紙は一切爪とぎしない(これも表面が固いです)ため、こちらも一部採用予定です。

うちの猫の後頭部です^-^。
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へにほんブログ村 住まいブログへ

お家の猫仕様

<スポンサードリンク>

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

QLOOKアクセス解析