お家の羊毛断熱を娘ちゃんが引っ張り出して困りました


羊毛断熱
我が家は小さいながらも、塗り壁にしたり瓦屋根にしたりと色々と追加仕様をお願いしています。
そんな追加仕様の中でもお家をぬっくぬくにしてくれる断熱材は羊毛断熱をお願いしました!

里村工務店さんではこの羊毛断熱もすごくおすすめされていて、一般的なグラスウールなどに比べて多少高価なんですが、自然素材で呼吸する断熱材だということと、そして何よりお家が巨大な羊さんに包まれているという非常にメルヘンな妄想がかわいすぎたので、羊毛断熱をお願いすると決めていました。

先日お家の中を見学に行ったとき、壁にはたくさんの羊さん・・もとい羊毛断熱がしっかりと入っていたのですが、一つ盲点がありました・・・・。

<スポンサードリンク>


羊毛断熱
壁に埋め込まれている羊毛断熱がふわふわで気持ちが良くてついつい触って見たくなってしまうために、3歳の娘ちゃんが羊毛断熱を触りつつ、思い切り引っぺがすというイタズラを始めてしまったのですT=T。


「ぎゃああああああああ!やめなさい!!!」と私が慌てて止めてしまったのが、更に楽しさを倍増させてしまったようで、ちょっと目を離したすきに羊さんを何度も引っぺがそうとしていました。。。。



そして、お部屋に置いてある羊毛断熱のロールの中にくるまってかくれんぼを始めたりと、やりたい放題です・・。
巨大なセーターのようなふわふわ感なので子供には格好のおもちゃですね^-^;。


とりあえず羊毛断熱材を一部引張っぱり出していましたが、しょせんは3歳児の力なので大事には至らず、元の壁のふわふわに戻しておきました。(大工さんも笑ってらっしゃったのできっと大丈夫かとT=T)


ちなにに、羊毛断熱の良い点については、里村工務店さんのHPでも詳しく書かれていました~。


断熱性、吸音性、ホルムアルデヒドの吸着、耐久性、耐火性、防虫防カビ処理などなど自然素材でなんとなく身体に優しそう~と言うだけでなく機能面的にも優れているんですね^-^。
一番へ~と思ったのは耐火性。600~570℃の耐火温度で、ウールは飛行機の内装材として採用されていることもあるんだそうです。
参考>>里村工務店さんのウールブレス(羊毛断熱)の説明ページ

ちなみに羊毛断熱のデメリットとかって何かあるのかな~とちょっと調べたのですが、お値段が高いというくらいで、性能的なデメリットはほとんど見つかりませんでした~^-^。
羊さんすごいですね!
我が家も巨大羊さんに守られてぬくぬく過ごせそうです!!


それから羊毛断熱とは関係ありませんが、キッチンも水道の配管などが少しずつ通ってきていました。
youmou1 既にお風呂は入ってるのですが、やっぱりキッチンはできてくるとかなりテンションが上がりそうです♪

うちの猫の後頭部です^-^。
にほんブログ村 住まいブログ プロバンス風住宅へにほんブログ村 住まいブログへ

お家日記

<スポンサードリンク>

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

QLOOKアクセス解析