toggle
2020-08-07

小さい家の土地探し、横浜市内で2,000万円以内で土地を購入

横浜で2,000万円以内の土地探し
2015年に建坪13坪ちょい、延床23坪ちょいの小さいお家を建てました。
2011年秋ごろから土地を探し始め、土地を決めたのが2014年の春、なんと土地探しだけに3年もかけてしまった我が家。

土地探しに3年もかけてしまった一番の理由は土地の相場に対して予算が少なかったためです。
我が家が土地を探したのは横浜市内。

もちろん、中心地ではなく郊外の方ですが、横浜は全国的に見ても土地の価格は高い地域です。
そんな中、我が家の予算は土地に2,000万円、建物に2,000万円。
土地の広さ次第ですが、相場的に見てちょっと厳しめの予算でした。

家族4人(夫婦と子供2人)+猫5匹が暮らせる家で、建坪25坪前後の家が建てられる土地を目標に不動産屋さんと二人三脚で3年もかけてやっと土地を見つけたときは、0歳児だった長女(当時は下の子はまだ産まれておらず)が、3歳になりおしゃべりがとっても上手になっていました。

初めに言われた言葉「お得な土地というものはありません。」

2011年の秋、家を建ててもらいたいと思った工務店さんに初めて相談に行った日。
その日は私の誕生日でもあったので、日にちもしっかり覚えています。

その工務店さんに行く前に、分譲マンションや住宅展示\\場なども巡っており、毎回無理なローンを勧めてくる担当者さんに当たっていたので、自分たちの予算では理想の家は建てることができないのかも・・・と半ばあきらめ気味で工務店さんにお伺いしました。

今思えばかなり無謀だったな・・・と思うのですが、年齢は29歳、当時の貯金は200万円。
夫婦ともに実家は裕福ではないので、親からの資金はなし、子供も生まれたばかり、夫婦ともに奨学金の返済あり。

そんな中、土地と建物合わせて4,000万円の注文住宅を建てたい、という考えなしの夫婦の話を、親身になって聞いてくださった工務店さんには感謝しかありません。

自分たちの資産状況や予算、希望の間取り、家族構成などを伝えると、難しいけど小さい家ならば可能性はあるというお答え。けれど、その時に言われたのが

「お得な土地はありません。」という言葉でした。

2,000万円で25坪前後の家が建つ横浜市内の土地、というのはやはりかなり厳しいとのこと。
不動産に全く詳しくない私は、日用品やお洋服などと同じように、「お得な土地」というのもあると考えていたのかもしれません。

それを感じ取ってくださったのか、工務店さんの担当者さんがおっしゃった「お得な土地はありません。」という言葉。

それは、土地が相場より安いということは、何かしら理由があるということ。
それは広さだったり、形だったり、いろいろな理由が考えられますが、何の理由(悪い理由)もなく、単にお得な土地というのはあり得ないということでした。

ですので、我が家が横浜市内で25坪前後の家が建つ2,000万円以内の土地を探すという場合は、何かしら妥協をしなければいけないということ。
結果、我が家の場合は広さを妥協して、25坪から23坪ちょいの家が建てれる土地を最終的に選びました。

おそらく、子供が大きくなって巣立つまでの10年間ほどは、狭く感じることもあるでしょうが、まだ子供が小さい現在は広さに関しては問題がありません。
子供たちが巣立った後、夫婦2人には少し大きいくらいと感じているので、我が家にとっては広さは妥協できるポイントでした。

不動産屋さんとの二人三脚の土地探し

工務店さんでは、専属の不動産屋さんを紹介していただきました。
工務店の社長さんが唯一信頼している不動産やさんということで、全国に支店があるような大きなところではなく、地元に密着した不動産屋さんです。

結果、工務店の社長さんが唯一信頼しているというのが、納得の素晴らしい不動産屋さんでした。

先にも書きましたが、分譲マンションや住宅展示場の見学会で会った不動産屋さんはなんだか信用できない雰囲気の方が多かったのです。無理なローンを勧めてきたり、とにかく契約を獲ることを急ぐ雰囲気だったり・・・。

でも、工務店さんに紹介していただいた不動産屋さんは、こちらが気になる土地を見つけても、その土地の不安点や問題点をすぐに教えてくださり、なかなか契約させてくれませんでした(笑)。

とにかく、本当に良い、安心してお勧めできるという土地を慎重に慎重に提案してくださる不動産屋さんだったのです。

3年間の間に、何件の土地を見たか正確には覚えていないのですが、最低でも10件は詳しく検討したと思います。不動産屋さんが提案してくださる土地もあれば、私が不動産情報サイトなどで気になる土地を見つけたら、それを連絡すると、すぐにレインズ(REINS)で調べて不動産屋さんが見に行ってくださいます。

同時に、住所も教えてくださるので、私が一人で自由に見に行くことも可能でした。
(初見は不動産屋さんと一緒に行かなくてもOKなので、時間に融通が利いて助かりました。)

レインズ(REINS)とは?
Real Estate Information Network Systemの略で、不動産物件情報交換のためのネットワークシステムで、現在市場に出ている販売中の物件を検索できたり、過去にいくらで売れたのか成約価格がわかるサイトです。

私自身もこまめに不動産情報をチェックし、気になる土地があればすぐに不動産屋さんに連絡していましたが、結果的に決めた土地は、不動産屋さんが提案してくださった土地でした。

最後ギリギリ予算をオーバーしそうな部分を、売主さんと交渉してくださったり、最後の最後には不動産屋さんが受け取る手数料を割引しようとしてくださったり(お世話になりすぎたのでそれは固辞しました。)と本当に素晴らしい不動産屋さんでした。

ないとは思いますが、今後万が一何かしら不動産屋さんのお世話になる時があれば、必ず同じ不動産屋さんにお願いしようと心に誓っています。

そんな素敵な不動産屋さんのおかげで見つかった土地は、13坪ちょいの土地で、1,900万円!
見事に予算内、しかし上物がある土地だったので、その解体費用に100万円がかかり結果、解体費用を含めて予算の2,000万円ちょうどの土地となりました。

横浜は坂が多い土地柄ですが、平地でハザードマップからも外れています。
近くの商業施設や学校関係も希望通り、本当に理想の土地と出会えました。不動産屋さんには感謝しかありません。

めでたく理想の土地を見つけ、土地を探し始めてから約3年、そこから約1年をかけて家の設計及び建築をして理想のお家は2015年の春に完成しました。

土地を見つけた後の体験談もこれから書いていく予定です。

関連記事